君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

ひとりの人間として

ロマンスエンジェルオラクルカード(日本語版説明書付)新装版

昨年末、たまたま立ち寄った梅田の蔦屋書店で見かけて
「(当時抱えていた悩みの)この引っ掛かっているものは何だろう」
と、お試しで引いてみたのが【Codependency】というカード。

共依存

元々自覚があり、一時期これについて書かれた本を読み漁っていたものだけれど。
精神の症状も落ち着き、人間関係の在り方を見直す時期だったのかな?と今振り返って。
人との関わり方。
意思表示、特に『NO』と伝える事。
本当に苦手で、基本言葉足らずな割に変なところで減らず口を叩いてしまう傾向も相変わらず(涙)

今年はこれに心を砕いた一年になった。
そして言葉足らず、もしくは阻まれる状況の時に
「ここは黙って行動に移した方がいいんじゃないか」
と考えるようになり、実行し出したのが下半期だったかなと。
何かよく喋ったり書いたり、とにかく動いた記憶しかない。

転職の件でも周囲から口々に
「無理せずに(行政から)支援受ければいいのに」
と言われた。
発達障害を抱える以上、二次症状であるうつ病が100%治る訳ではない。
「なんだけど、何でこんなに働こうとするんだ私」
つらつら考えて
「あ、『存在する』ためだった」。

おそらく多くの当事者と同じく
発達障害について、もっと多くの人に理解してもらいたい】
という思いから前身のはてなダイアリーを始め、その告知も兼ねてTwitterも始めて現在に至っている。
でも今はマイノリティとされた人たちへの理解も進んできた。
ならば殊更にアピールせず、それ以前にひとりの人間として
「笑うし悩むし働くし、恋だってするよ」
と、ありのままの姿をごく当たり前の事として書き綴っていこう。
これがだんだん日常生活全般に波及していったような気がする。
【働く障害者】扱い、本当にされなくなった。
特性ゆえの苦労もあるけど、ただの働き手の1人として見てもらえるのはありがたい。
これが支援や介助を必要とする、それでも働きたい人たちにも及んでいくといいなと願っている。
職場以外でも、支援がごく自然に行なわれ受け止められる世の中になるように。
そのためにも私は、ただただ存在していようと。

とはいえ。
うつ病も加えるとこれまで20年以上、障害や症状をオープンにして人や世間と向き合い続けてきた。
当事者として常に肩肘張った状態だったから、最近、ここいらで肩の荷を降ろしたいという気持ちが出てきた。
人生後半に差し掛かったし、丁度元号も変わるし(?)。
ひとりの人間としての自分を、もっともっと大切にしたい。

そこで、SNSとの付き合いも見直そうと。
実はこの秋から少しずつ始めているのだが、張り付く時間を減らし、日常生活とリアルな人間関係を最優先に。
張り付きながら携帯でメールやLINEは、目にも良くないしな(老眼が気になる年頃・まだだけど)。

だから万が一、まんっっっがいち!(←強調)
彼氏ができた暁には完全にこっち優先、SNSからはもれなくログアウトしようかなという。
今年は就活に追われ、充分な恋活・婚活が出来なかったから来年こそは・・・。

人との距離の取り方や詰め方は相変わらず不得手で、共依存体質から脱却出来ているか分からない。
これも来る年の課題だなあ。
年々体は衰えていっているけれど、こっちはまだまだ発展途上。



このブログも次回(年明け)からはタブレットで短めに。
写真だけの投稿も増えるかも。
その前にweb環境の諸々を整えなくてはなー、と思いつつ。


今年一年、読んでくださったみなさま、ありがとうございました!
来る年もゆるゆるとお付き合いくださいますよう・・・。
よいお年を!