君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

魅せない化けない君が好き

エンジェルセラピーオラクルカード ライトワーカーボックス日本語版説明書付 (オラクルカードシリーズ)

 

何がきっかけだったかは覚えていないが、Amazonでオラクルカードを見てみよう!とふと思い立ち、パッと目に留まったのがこれ。

なんとも柔らかな印象のイラスト。

「これ、実物見てみたいな」

と、先月大阪に行った際に蔦屋書店に立ち寄り、しばしうっとりと眺めていた。

そして再び思い立ち、傍らに置かれたこちらのカードでリーディング。

 

ロマンスエンジェルオラクルカード(日本語版説明書付)新装版 (オラクルカードシリーズ)

 

ドリーン・バーチューさんの著作の中でいちばん知られているカード(と思われる。居合わせた女の子たちも熱心に試していたし)。

このカードが素晴らしいのか私の直感が冴えてきたのか分からないが、問いかけに対して引いた一枚に深く頷いてしまった。

めっちゃ厄介なやつだよな、これは。

この一枚のカードに記されたメッセージを踏まえつつ、私にとっての2018年が幕を開けた。

まず私から変えていこう、と改めて。

 

ずっと以前このブログで【トリップしたい願望が全く無い】と書いた。

非日常・非現実的な空間やシチュエーションに食指が動かないのだ。

一人旅は好きで特に20代の頃はTシャツとジーンズ姿に最小限の荷物を持ってウロウロしていたものだけど、テーマパークや観光施設は殆ど近寄った記憶が無い。

今振り返ると、人々が暮らしを営むごく当たり前の日常を垣間見るのが好きなのかな?と思う。

そして地元の地名の標識を見た途端

「ああ、おうちにもどってきた!」

と怒涛のように安堵感が押し寄せてくる。

ここ何度か書いてきたように近年はライヴで遠出する事が多かったが、昨秋、地元でのゆずのライヴに参加して

「日常と地続きでライヴを観られるって、いいな」

とつくづく思った。

この日は大雨で行き帰りともずぶ濡れとなった。

でも荒天の中テンション高めの状態で、帰宅後と翌日以降の予定を考えながらのんびり歩いて帰るのはとても楽しかった。

と書きながら気付いたのだが、非日常に逃げ込む必要の無いほど今の自分は好い環境の中で過ごせているんだろう。

これもまたありがたや、だな。

 

2018年のバレンタインデーも終わろうとしているけど(これを書いているのは23時前)、近年すごーく思うようになったのは。

 

何かもう、かっこつけたり見栄張ったり強がったりしなくても良くない?

晒しちゃってもいいんじゃない?

覆ってるその紗幕、ぺろっと剥がしちゃいません???

 

年齢もあるんだろうか、恋愛にややこしい要素を求めなくなってきた。

互いの都合の良い所だけを見せ合い、欲求が重なる部分だけ繋がり合うのはもういいや、と。

病に臥せった父親と、付き添う母親の姿を亡くなる昨年まで傍らで見続けた影響も大きい。

どんなに好みなビジュアルであっても、いずれは何かしらの衰えが現れる。

人前でかっこいい姿を見せていても、一人になると苦悩で胃をキリキリ痛めていたりする時だってある。

でもそれ、恥じる事は何にも無い。

人間なんだし。

むしろそういう人の方が人間臭くて好きだ。

「『3月のライオン』の島田さんがタイプです!」

Twitterでも公言しまくっているほど。

そんな人間臭くて酒臭い人(私も飲む人なので酒を酌み交わしたい)をどーんと受け止められるような人間になる。

これも、2018年初頭の覚え書き。