君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

聖夜前の御堂筋で


大阪ラプソディー

 

大阪にちなんだ曲といえば?と問われたらまず真っ先にこの曲を挙げるぐらい、子どもの頃から慣れ親しんできた大好きな曲。

この映像を見ながらつい本気モードで唄ってしまった。

 

ということで。

喪中につき、年始のご挨拶は端折りつつ。

今年もよろしくお願いします。

年跨ぎで連続でブログをupするのは初めてではないだろうか。

画期的(おい)。

 

年の初めに昨年末の話である。

大阪に行ってきた。

すごい回数訪れている街だけれど諸事情(?)あって、これまでキタに滞在する事が多く、今回初めてミナミをゆっくりと歩いてみた。

無論、道頓堀に足を踏み入れたのも初めて。

これまた子どもの頃から慣れ親しんだお出汁のうどんを頂いて幸せに浸ったり。

その後お世話になった宿が予想を上回る静けさと居心地の良さで、すっかりリラックスしてしまい、ほんわか気分のまま御堂筋に出てみた。

カメラを持参しなかった事を悔やむほど、淡いパープルのイルミが通りを彩っていた。

いつもはしかめっ面で歩く私も、自然と微笑んでいたように思う。

耳栓で不快な音が遮られたのも大きい。

このとき初めて

「無理しないって、いいなあ」

と思った。

これまで8年間、感覚過敏ゆえの不快さも含めて自分を押し殺し、何とかして健常者のように振る舞ってきたけれど。

何かもう、変に無理を重ねなくても良いんじゃないかなって。

人に合わせようとして必死になる時の私はおそらく、張り詰めた空気と、険のある表情を見せていたと思う。

自分でも、作り笑顔すら出来なくなったのを自覚していた。

人生も折り返し地点に差し掛かっている。

ならばこれからは、心の底から笑えるような、嬉しく感じられるような道や方法を選んで生きていこう。

このままの私でいさせてくれる人や環境と一緒に。

 

昨日の記事でも触れたけれど、そもそも私の半生自体、何処を切っても暗いエピソードしか出てこない。

生い立ちをお話しすると決まって

「・・・もう、美香ちゃん、いい加減幸せになっても良いと思うのに」

「・・・ですよね」

というシメとなる。

そりゃあラジオ番組に投稿したくてもネタが出てこん筈だわなー、とイルミを見ながら思った。

そして

「生きてて楽しい事なんて何一つ無かったですからーーー!ざんねーーーーん!!!」

と、脳内で波田陽区ばりのネタを繰り出してしまう始末である。

 

でも。

これからそれらを引き寄せていけばいいのかな。

遅まきながら気付き(←これ多いな私)、動き始めた2018年。

【居心地の良い人・場所】

【自分が喜ぶか】

を基準に、生活リズムや身の回りの環境を見直しているところ。

笑顔の絶える事無い私でありたいと思うのだ。

 

 

今回の記事の内容を頭の中でまとめてから、『筋トレ』の年報を読んできた。

まさしくです、ゆかりさん(筆者は天秤座です)。