君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

60兆の細胞で恋したい

悩み事や困っている事を訴えた時、即座に反応されてその後も何かと気にかけてもらえる人が羨ましい。

と、すごーく最近思う事のひとつ。

私はそんな強い女に見られているんだろうか。

気になって周囲の人々に問うてみると

「まず悩んでいる風には見えないし、悩んでいてもひとりでさっさと解決しようとするでしょ?」。

神経発達症持ちゆえのしんどさ。

HSPゆえのしんどさ。

加えて、それらを受けとめてくれる人や居場所がまだまだ少ないゆえのしんどさ。

 

まだ風邪が治りきっていないけどちょっとだけ・・・と大根おろしwithじゃこをつまみに熱燗を飲んで帰り、そのまま爆睡。

そして2時間ほど前に目覚め、今こうして机に向かっている。

来週はまたまた雪マークが並ぶ。

轟く雷鳴(ぎえー(雷の音も苦手))。

ということで、続きをば。

 

Highly sensitive person=高度な感覚処理感受性を有する人。

何のこっちゃ?という感じだけど、関連本やサイトを見ると5人に1人がこの気質を持つとされる。

その中に、神経発達症を併せ持つ人も含まれる。

現時点でHSPについて正式な診断を受けた訳ではないけれど(何しろ神経発達症ですら専門医が少ない県ゆえ)、チェックリストにほぼ当てはまったのでこれは確定かなと。

しかも自閉の症状はここ数年でかなりコントロール出来ていて、むしろ今はこちらの特徴の方が目立っているかも知れない。

それにしても。

5人に1人が持つ気質という事だからか、広まるのが早かったな。

本人や家族・周囲の人に向けての対処法が書かれたものも増えてきたし。

実は前々回見つけたのはこの関連本なのだが、念のため更に解り易いと思われる本も探し実際に読んでみた。

 

敏感すぎる心がスーッとラクになる本 (扶桑社ムック)

 

今のところは、こちらかな。

 

この手の関連本を調べていて

「欠点ばかり挙げられていて、良い面が詳しく書かれていない」

「対処法が現実的でない(特に向いている職種)」

などというレビューも見かけたが、これは認知され始めた頃の神経発達症と同じ。

最初はどうしてもマイナスの面が取り上げられてしまう。

そこから研究が進み、徐々に良い面や対処法が取り上げられ広まっていったらそれで良し。

とは言っても当然、該当する本人は凹む。

特に私は2度目なので尚の事。

少しでも関心のある人に対してならともかく、大多数の自閉でもHSPでもない人たちに自分をどう説明してフォローを求めていったらいいのか。

ってかそもそも説明して、フォローを求めていいのか。

ドン引きされないか(←気にしすぎ?)。

「ああ、何でこんなややこしい人に産まれちゃったんだろ私・・・」

はあ~、と深いため息を経て

「あ、『一言で言えば【ややこしい人】です』って言えばいいのか」。

自虐ネタならなんぼでも出てくる、そんな今日この頃(涙)

 

今年の初めだったか。

たまたま『行列のできる法律相談所』でブルゾンちえみwithBのネタを見て

「丁度『よりを戻したい』と言っていた元カレと完全にお別れしたばかりで、何か励まされた感じ」

といった内容のツイートをしたらご本人にいいね!された、なんて事があった。

こんな【ややこしい人】の事をいいね!と恋愛対象に捉えてくれる人、35億人の中にひとりは居てもいいはず。

でも、自分をどう説明して、フォローを求めていったらいいのか。

(以下同文)

 

自分が疲れない恋がしたい。

そのためにまず、過敏さとそれゆえの疲れ易さをコントロールする術を身に付けなければ(もちろん生活全般においても)。

でもこうして書いたり話したりするとやはり、泣き言を口にしない強い女に見られてしまうのか。

こんな症状や気質が無く、そして何の衒いも無く素直に弱音吐いたり甘えたり出来る人が羨ましい限り。

「どんな立場の人でも幸せに生を全う出来る世の中になるまで見届けてから、天に還る」

を目標に生きているけれど、もし来世も人間として降ろされるのであれば、こういう人に生まれ変わりたいと心底願う。

じゃ、現世はどうするんだ(←RADの『おしゃかしゃま』)。

 

新しいガム、噛みたい。

と、ブルゾンで始まりブルゾンで終わりそうな私の2017年である。