君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

その奥を見てみたい

以前の記事で

「自分は隠し事が出来ない質」

と書いたように記憶している。

実は今の今まで人前では殆ど明かさなかった事がある。

幼少期に仲間外れにされがちだったり、独特な家庭環境で育った影響もあるのだろうけど。

私は【秘密】を持ったり持たれたりする事が嫌いだ。

もちろん公の場でもプライベートでもそういったやり取りはするし、巻き込まれる。

元カレとも、諸事情あって当初から

「付きあってる事を誰にも話さないようにしよう」

と約束し、SNSにすら一切書かなかった。

思えばTwitterでも彼氏欲しい!と嘘の連呼してたし(今は本当に彼氏募集中だけど)。

昨今トレンド(?)の浮気や不倫に象徴されるように、秘密の恋は燃えるとされる。

が。

感想としては燃えるどころか、ひどく疲れてしまった。

事情があったとはいえ互いに独身だし、悪びれる事も何の後ろめたさも感じなくて良い筈なのにこのストレスと疲労感は何なんだ。

これが別れた決定的な理由ではないんだけど

「やっぱり風通しの良い恋がしたいし、そういう人とお付き合い出来たら」。

頭の片隅ではいつも、そんな事を考えてきた。

お付き合いの事実やその思いを普通に、親しい知人などにもお話ししたい。

その気分を隠し果せないまま、するんとSNSにupしてしまうだろうし・・・。

 

こんな風に自分の事については明け透けに語るようになったものの、相手に根掘り葉掘り問う事はしないよう努めている。

相手が話してきたら耳を傾ける、という感じで。

【開かずの間】はきっと、誰にでもあると思うから。

他ならぬ私も沢山抱えてきて、今こうして初公開しているし(『ver.2』ではホント多いな、初めてネタ)。

 

それでも。

恋に限らず、人間関係や社会において【開かずの間】を垣間見てしまった時の蚊帳の外感は半端無い。

寂しい。

 

私は妙に勘が働くところがあって、例えば相手のしんどさと

「(しんどさについては)触れないで」

というベールみたいなものを同時に感じ取ってしまう時が多々ある。

逆に前回・今回と書いてきたドロドロしたネガティヴな感情を持つ事はもちろん、それを打ち明ける事もしない方がいいのかな?と思い悩む事もしばしば。

特性や体調のコントロールも普段から自分ひとりで行なうため、こういった気疲れは積もれば積もるほど宜しくない。

気を遣う気は無くても気を遣ってしまう性質なので(ややこしい)。

コミュニケーションに難のある障害を併せ持つ人間ならではの地味な悩みである。

 

年齢的にも体調キープはこれからますます優先していかなきゃならないので、日頃生活する上でのストレスや違和感の芽は極力摘み取っていこうと考えている。

自分をオープンにする事は非常に気を遣うし勇気の要る事だけれど、秘密やドロドロした感情を抱えてぐじゅぐじゅし続けた辛さを思えば何のその。

「何でもざっくばらんに話せてお付き合いできる人、真剣に探そうかな」

とちょっと考え始めている今日この頃。

 

電話やメールでちまちまとやり取りする時間が取れるのなら、会いにきてぎゅっと抱きしめてくれれば良いのに。

 

内心でそんな事を考えて悶々としとったなあ、そういえば(遠い目)。

それこそドン引きされたら・・・と思い、当時は一切口には出来なかったけど。

そんな事もあった、若気の至り(若くないけど)な恋のおもひで。

 

夜が明けてきた。