Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

ほんとうの、夏が来た。

f:id:nanairocolor:20170618124045j:plain

 

今週のお題「私の『夏うた』」

 

本日ふたつ目の記事。

やるときゃやるぜ(書ける気分なので。眠気と闘いつつ←おい)。

 

その前回の記事で、HNを変えた件について書いた。

そもそも私が【しゅか】と名乗ったきっかけは、まともな青春時代を送ってこなかったからだった。

やれイジメだの不登校だの勉強についていけないだの、果ては後に発症するうつ病の前兆らしき症状に悩まされ・・・といった記憶しかない。

根暗かつ残念なルックスも相まって、甘酸っぱい思い出とも無縁のまま。

SNSを始めたのが30代に入ってからなのもあり、HNをつける時、咄嗟に浮かんだのが【青春の次=朱夏】だった。

 

記事を書きながら

「青春時代って、何してたっけな。暗黒だったもんなあ・・・」

と思い巡らせていてふと頭の中で、渡辺美里さんの『夏が来た!』が流れてきた。

最近80~90年代のヒットソングを取り上げる番組が多くなり、当時と変わらぬパワフルな歌声で聴かせてくれるみさっちゃん(と、つい呼んでしまう)を見る機会も増えてきた。

中学生の頃(いや、もっと前かも)、知り合いのお兄さんにアルバムをダビングしてもらって聴き始めた。

そして登下校時、大声で唄いながら全力で自転車を走らせていたという地味な思い出もある・・・。

学校にも家にも心休まる居場所が無かった当時の私にとって、自室で手に取る本と音楽が唯一と言って良いほどの心の拠りどころであった。

 

そんなこんなで、実年齢的にも青春はとっくに過ぎている。

が。

もしも

「あなたにとって【青春】とはいつ?」

と聞かれようものなら、恐る恐る

「いや、実は今が青春だったりするんですけど・・・」

と答えるだろう。

すっ飛ばしていた青春を、この年代になって丸ごと経験している実感があるのだ。

彼女の唄を聴く度、当時の苦い記憶と共に、今の自分を包み込む甘酸っぱいものを思い起こさせる。

『夏が来た!』に至っては、当時ですらきゅんきゅんしてしまったほどだから。

ほんとうの、夏が来た。

 


渡辺美里 「夏が来た!」(Live in Seibu '91 + MV)

 

作者の大江千里さんと、オザケンとカジくん。

このお三方は私の中で何となく線で繋がっている(個人的なイメージです。あくまでも)。

曲を聴いていると何か切なく、きゅんきゅんしてしまうのだ。

甘酸っぱい。

 

 

 

海老蔵さんが記者会見で、亡くなられた奥様について

「私を変えてくれた女性です」

と答えていて、とてもジーンとしてしまった。

それまでの自分というものを一変させてしまう人との出会い。

あるんだよな、本当に。

つくづく思う今日この頃。