Love Letter ver.2

神経発達症とHSPを併せ持ちながら今を生きる。その日常と思うこと。

それでも日々は続く

いつか春の日のどっかの町へ (角川文庫)

 

今、ちょっとずつ読み進めている本。

普段なら大抵の本は30分~1時間で一気に読破するのだが、最近は多忙さと気忙しさに拍車がかかり流石に手が出せない。

こんな時はエッセイに限る(オーケンさんは私小説だと書かれているけれど、エッセイと解釈しても差し支えないかと)。

 

そんな訳で。

身内の容態が「いよいよ」のところまで来ており、今も急変の連絡が入るやも?とヒヤヒヤしながらキーを叩いている。

危篤というと、ドラマにありがちな

【報せを受けて駆けつけた家族や友人・恋人に見守られながら息を引き取っていく】

ものなのかなあと想像していた。

実際は危篤→落ち着くを繰り返しながら徐々に衰弱していっている状態(昨年亡くなった別の身内もこのケースだった)。

しかも連絡が入ったところですぐに駆けつけられるとは限らない。

やむなく、自分の状況を優先せざるを得ない場合もある。

「人間、死ぬ時はひとり」

とは言うけれど、看取ってくれる関係者やお世話をしてくれる人もいないままで、という可能性も実際無きにしも非ずなのだ。

「元気なうちにどのくらい人と繋がりを持って、どのくらい徳を積むかが大事になってくるのかな」

などと話をしている。

でも本当に、心身とも消耗するものだなあと思う。

勿論いちばん大変なのは患者本人ではあるのだけど。

 

天に還ってゆく時の段取りまでも自分で考えて、管理していかなきゃいけないご時世なのだな。

「生きていくのも大変だし、死んでいく時も大変だし。は~あ・・・」

とぼやきため息つきながら、それでも日々は続いている。

 

 

話変わって。

以前の記事で書いたような気もするけれど(←記憶力ボロボロ)

【困っている人や苦しんでいる人を見たら、どんなに体調が悪くても手を差し伸べようとしてしまう】

自分の性質について。

これを母親に話したところ、ひどく同意され

「私も私も!」

「いや、おばあちゃんもだで」

「いや、おじいちゃんもおばあちゃんも」

えらい盛り上がってしまった。

体調の良し悪しに関係なく、パッと直感が働けば最後。

身体が咄嗟にその人をフォローしようと動いてしまう家系(?)らしい。

これが近しい人・好意を持っている人に対しては顕著に現れる。

そんな時、体調は勿論、私の場合は障がい特性すら吹っ飛んでいる(ゆえ、反動で一時的に体調悪化する事もままある)。

話す言葉や書く言葉がまだまだ拙い分、余計に行動に現れるのかも知れないけれど。

 

昨年からの出来事を踏まえて、今、ふわふわと浮かんでいる思いがある。

「誰かに支えられる立場ではあるけれど、ひとりの人間としては、誰かを支えていけるように」

これが「なりたい」ではなく「なろう」に変わってきた。

上手く言えないのだが、定まってきた感がある。

無論水面下では勘がぴくぴくと働いている。

なにかに引っ張られている感じを受けながらも、閃くままに、心のままに。