Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

素直になる

f:id:nanairocolor:20170423111000j:plain

 

空間を見ているようで、腰掛けに別の何かを見つめていた(気もする)。

 

最近、やたらと色合いの鮮やかな写真を撮っている。

悲惨な事件や腹の立つ事(おもに政治)も相変わらず多いし、たまには空や光を心から感じてみたいのもあるのかなー、と思ったり。

ちなみにこれを書いている今、雨が強弱を繰り返しながら降り続いている。

これでまた、緑が鮮やかになり作物が生長していく。

人間界のゴタゴタに関係なく、自然界はごく当たり前の営みを繰り返す。

どうせなら、自然のリズムに沿って生きていたい。

雨が再び、強まってきた。

 

 

昨年、ラジオ番組への投稿の件について書いた。

実はその後、がんがん投稿するようになったのだった。

運良く採用された際の謎の凹みも薄れ、素直に喜んでいる。

ありがたや。

このブログやTwitterのみならず、今、あちこちに向けて言葉を送っていたりもする(なので要ちぇきら!なんである)。

でもやはり、歯の浮くようなあまーい褒め殺しネタは書けない。

人の投稿を見聞きして

「あ~!この言い回しがあったか!私もこんな風に書いとけば良かった・・・」

と、そこは凹み、もっと言葉の勉強しなきゃと猛省する日々。

媚びへつらう内容の文章って、書いている段階でげんなりするんだよな。

歯に衣着せぬ感じのものならスラスラ書けるんだけど・・・。

 

そこでこのブログ、タイトルの下の紹介文(というのか)を変えてみた。

変に盛ったりせず見たままを撮り、感じたままを変に媚びる事無く言葉にしてみよう。

こっちで吐き出してしまえば、あまーい言葉もするんと出てくるかもしれない(こないかも知れない)。

嘘はつきたくないし、そもそも嘘つけないし。

お世辞が言えない分、せめて素直な人間でありたいなと思う。

 

素直になる。

遅まきながら、私の2017年のテーマにしようかと。

 

 

 

歯に衣着せぬ

 

広告を非表示にする