読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

ころがれ、あたし。


[MV] Perfume「love the world」

 

そういえばMV貼るのは久しぶりな気がする。

いつものようにタイトルが浮かんできた時、何となくこの曲が頭の中を廻ったので。

普段は自分の事を「私」と言ったり書く機会が圧倒的に多く、「あたし」は余程気心の知れたごく少数の人の前で、それもたまにしか使わない。

年齢的なものもあるし。

でもたまーに使うと、新鮮で良いなと思う。

「あたし」より使う頻度がやや高い「わたくし」は毎回言った後

「うげげ」

となってしまうのだが。

 

それにしても。

今月、私にしては比較的マメにこのブログを稼動させている。

やれば出来るじゃないか、と(ここは素直に自分を褒めてやりたい)。

書く事以上に写真を撮る事が楽しくなってきたのも大きい。

しかし一眼レフや、今はコンデジサイズの機種もあるらしいミラーレスなどには目もくれず、旧いコンデジを使い続けている。

先日の旅の直前にガラケーからスマホに機種変し、早速撮ったものをTwitterにupしてみたけれど

「やっぱりカメラが良いな」

と、スマホの倍以上の枚数を撮りまくってしまった。

写真を撮った!という実感が湧いてくる(あくまで個人の感想ですが)。

当初スマホタブレットを同時購入して、このブログもその時々でどちらかから投稿しようと目論んでいた。

でも今こうしてキーを叩きながら思うのだが、落ち着いて書けるのはやはりPCだな~、と。

そんなこんなで現在は、モバイルノートへの買い替えのためにこつこつ貯金しているところ。

 

言葉の勉強も兼ねて、他の方のブログもよく読ませて頂いている。

表現を生業とされている方・一般の方問わず

「常に揺らいでいる」

文章に、より魅力を感じてしまう。

これは音楽や絵画、写真なども然り。

自分の見たまま・感じたままをさらりと表現出来る人にとても憧れる。

私はその辺が、足元どころか爪先にも及ばないんだよな・・・。

もっともっと人の表現や感情に触れて学ばなければ、と思う。

 

幸せ(あるいはポジティヴ)アピール一辺倒のブログや写真を見る事もあるけれど

「・・・ホントに幸せを感じてるんならわざわざクドクド書くより、まずは彼氏(ダンナ)に直接言ったら?」

とつい、よけーなおせわ!なツッコミを入れてしまうのがあたしのイケナイとこなんだろうなとも思いつつ。

でも実際作者ご本人にお目にかかると、幸せどころかむしろ、何かに苛立ったような印象を受ける場合が多い。

まくし立てるように幸せアピールをする姿に、痛々しさすら感じてしまうのだ。

私のような状況の者からすると羨ましい限りなのだけど、理由は分からないけど、こういう人たちにも色々あるんだろうな・・・。

と、考えたりする(毒吐くだけじゃないです。ホントに)。

立場上どうしても、人付き合いも視野も狭くなりがちになるけど、異なる立場や環境にいる人の考え方や生き方に触れるのも大事だな、って。

 

そんな事を改めて考えながらビールを飲み、これを書いてみた。

最近の記事はえらい長文になっていたので、今日は短めに。