読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

おひさま

冷えからきた足腰の痛みにウンウン唸りながら横になり、目覚めた途端謎の猛烈な頭痛で朝を迎えた。

冷たい雨から一転、太陽が顔を覗かせている。

「昨夜寒かったあ~。やっぱりおひさまっていいね!」

から会話が始まり、昨日の急激な気分の変化についても話してみた。

私の周りはうつ寄りの人が多いので、こんな時は分かち合いができて本当に助かる。

やはり、空模様と空気が変わってから気分的に落ちた人も多かったと知る。

寒さと曇天は大敵。

「寒いね~。こんな日は酒よりも人肌に縋るのがいちばんだね!あの温みが・・・」

などという冗談すら出てこないぐらい寒かった、あの場は(思い返しつつ)。

 

この分かち合いの時、ふと気付いた事がある。

数年前一般就労を始めるにあたり、先方から必要な支援を問われた。

当時は他の人たちと同様に、就労支援員さんやジョブコーチさんにも入ってもらっていたけれど、いちばん有り難かったのが、その先方の担当の方が障害特性を熟知した上で、私の意志を可能な限り尊重して下さった事だった。

「困った事があれば、その都度相談してアドバイスを受けながら自分で乗り越えていきたい」

「それでも環境の変化や音の事(聴覚過敏)でどうしてもストレスが溜まりやすいので、何か書くものを用意して頂けたら。それを読んでもらえたら嬉しいです」

と、たどたどしくお話しした。

元々喋る事が極端に苦手で、思う事を書き散らすばかりだったのが徐々に減り、辞める前には口頭でのやり取りが当たり前になっていた。

障害者への支援のあり方は人それぞれだと思うけど、私の場合は一方的に

「仕事をする上で何か困った事は?」

と根掘り葉掘り聞かれて手や口を出されるより、たどたどしい話を静かに聞いてくれて時折言葉に詰まったら助け舟を出してくれるだけで十分だった。

発達障害や感覚過敏が理解できなくても、冒頭に記したおひさまの話や例えば

「(仕事で)ちょっとしたミスなら誰にでもあるけん、次挽回すればいいがん!」

と、私の言わんとする事のほんの端っこだけでも分かち合いができたら、心も症状もすとんと落ち着く。

これは仕事に限らず、生活全般において。

今思えば当時私に関わってくれた人たちや、元カレにもこの点をちゃんと伝えておけば良かったのだろうけど、何しろ喋りは今に至るまでまだまだ発展途上。

なのだけど。

いや、だからこそ。

もし今どのような理解と支援が必要かを問われたら、電話でもメールでもLINEでも、もちろん対面でも。

「ではまず、ゆっくりお話ししませんか?」

と答えるだろう。

【障害者への理解と支援】と書くとすごく大仰になってしまうし、実際当初は私も専門書や当事者本、ネットの情報を掲示しながら必死こいて説明していたものだけど。

重度の方や日常生活をおくる事が難しい方へのそれは別として、ある程度自分で対処しながら生きている人への支援は、【その人に向き合って、お話しする事】が大切だと思う。

私を目の前にして、障害者だからと肩肘張って接してこられると悲しいし寂しい。

「変に構えないで!」

と心の底の底から土下座レベルでお願いしたい、本当に。

 

でも。

現在までの日本では、障害者とまともに接した人はまだまだ少ないと思う。

私も今までに何度か関わるのは初めてだという方にお目にかかってきたし・・・。

今や障害者と健常者が同じ職場で働く時代。

「『いろんな人がいる』事を知る」

ためにも、まず学校教育の現場から変わっていって欲しいと願う。

相互理解・相互支援の世の中を。

「告知する・しない」

「どこまで理解と支援を求めるか」

とその都度ぐじぐじ悩むの、私もほとほと疲れ切っているので(涙)

広告を非表示にする