Love Letter ver.2

神経発達症とHSPを併せ持ちながら今を生きる。その日常と思うこと。

へっぴり腰の恋

前々回からの続き、のつもりで(←タイトル)。

学校でも職場でも飲み屋さんでも、私は端っこに居座る事が多い。

センターのポジションがどうにも落ち着かない。

昔から「変わった人」と称される一方で、人の相談に乗ったり、果てはまとめ役を仰せつかる羽目になる時もあった。

だけど自分の考えや思いを口にして、行動に移すのは今でも大の苦手。

昔も今も、言葉にする時は常に胃がキリキリ痛む。

逃げ出したくて仕方なくなる。

今の診断を受けてからというもの

「人と関わるのは必要最小限に留めて、なるべく迷惑をかけないようひっそりと死んでいこう」

と、固く心に誓っていた。

社会の端っこで、目立たないように。

 

そもそも人としての欲求自体もあまりなく

「そこそこ働いて、ごはん食べていければまあいっかな」

ぐらいのものだった。

貧しい家庭に育ち、安定しない体調と社会の無理解と向き合いながらの40年であったので、今がいちばん幸せだなあ・・・としみじみ感じるほど。

念願であった独り暮らしも3年を過ぎ、こちらもまた楽しい。

元カレと付き合っていた頃は、会えない時の寂しさや別れを切り出した時の辛さをそれなりに味わう事となったけれど。

寂しい、という感情はこれまであまり感じてこなかったように思う。

 

その元カレとの別れを考えるようになった昨秋から約1年。

公私共々、気が付けば端っこの住人ではいられなくなっている事に呆然とする今日この頃。

何かどんどんセンターにズルズルと引っ張り出されている感じがある。

これまでやり付けなかった事をものすごーくやっている。

というか、やらされている。

やらざるを得なくなった。

大の苦手である、思う事を自分の言葉で話す機会も増えてきた。

これをいっぱいいっぱいと言わずして、何と呼ぶ。

 

が、前々回までの話(ちと長くなったが)。

今の時点で思うのは。

 

「私、がっつかなさ過ぎなんだろうか」

 

先日Twitterで検索をかけたツイートの中に、自己アピール満々なアカウントを見かけた。

「私ってこんなにいいオンナなの。○○くん!もっと私を見てぇ~」

というドン引きレベルの内容であったものの、正直、その姿勢をちょっとは見習ってもいいのかなと思った。

私なら「いいな。好きだな」と思える相手であってもその途端

ズササササーッ(←後ずさり)

だもんなあ・・・。

考えてみると、元カレの時もうっすらと好意は抱いていたものの

「まさか私は恋愛対象じゃないだろうし(相手がかなり年下だった)。ははは」

と、付き合う事は全く想定していなかった。

だからいざ付き合う段階となっても、私の方が最後までジタバタというかあわあわとなってしまったのだった。

 

書きながら今ふと気付いたのだが

「この人、好きだな」

から

「この人と一緒にいたい」

に変わってゆくスピードが私の場合、おっそろしく遅いのかも知れない。

やっぱりちょっとはがっついた方がいいんだろうか。

うーむ。

 

 

おまけに私の場合、特性由来の言葉の問題もある。

再び健常者の社会で生きるようになって、コミュニケーションもある程度こなせるようになったけど、それでも時折、言葉の使い方を誤る事もある。

いっぱいいっぱいの状態や疲れている時は、尚更。

第六感のお陰で何とかなっているとは思うけど、言葉の使い方、もっと上手くならなければと心底(もちろんこのブログも!)。

 

そんな訳で最近も

「これ、ちゃんと伝わったかなあ・・・」

な事が起きてしまった(起こしてしまった、と言うべきか。とほほ)。

届くといいな。

伝わっていればいいな。

切に願う、「あわあわ」再来の秋。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする