読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Letter ver.2

アラフィフ間近・しかし美魔女には程遠い発達障害者の日常と思う事など。

『袋小路の恋』、からの。

またまたまた、1か月ぶりの投稿である。

ダイアリーも含めて結構な年数書き散らし続けているけれど、未だに本文始めの数行に悩む。

今はTwitterにリンクを貼ると、この数行も出てくるため余計に悩む。

さらにこの1か月間の出来事を書こうとすると恐ろしく濃密過ぎて、どこから書くかでも悩む。

悩むうちに時間は経つ。

移ろう季節。

そして気付けば1か月。

 

胃が痛い。

でも書くけど。

 

今月初め、浜田真理子さんと畠山美由紀さんのうたを聴いてきた。

秋らしく&ツボにはまる選曲と井戸端トーク、良かった。

私は終演後に掲示されるその日の演奏曲をメモしないため(後でCD聴いて「あ!この曲やってた!」と余韻に浸りたいので)、印象に残った曲って確かこんなタイトルだったよな・・・と挙げてみた。

袋小路の恋、か。

ちょっぴり苦笑いしつつもその一方で、この日は体調不良でボロボロ。

万全の体調であればもっと楽しめたかも・・・と悔やむ。

この1か月間、極端な寒暖差・空模様の変化にも悩まされた。

幸い精神症状は大きく出なかったものの、年齢的なものを自覚する事に。

ヘッダの見出し(というのか?)に【アラフォー】と書いているが、来月、42回目の誕生日を迎える。

【アラフィフ】がひたひたと忍び寄っている・・・。

ひー。

それはさておき、年齢的なもの。

私は敢えて【幸念期】もしくは【耕年期】と呼びたい、な。

まだ前触れっぽい症状だけなので、ひとまず、自分の証に合った漢方薬を服用中。

コスメにせよお薬にせよ、歳を取るって、お金がかかる。

 

で。

この年齢的な不調、あろう事か期間限定禁酒を始めてから出てきた。

ある願掛けのために始めた禁酒。

かれこれ1か月経過、こちらは順調に続いている。

ただ。

お酒を嗜むのはストレス緩和のみならず、うっかりと失言してしまっても、呑み過ぎを理由に誤魔化そうという目的もあった。

後々、自ら退路を経ってしまった事に気付く(遅い)。

プライベートもTwitterも勿論このブログも、みーんな素面で喋り、書き綴っている。

加えて恐ろしい事に、意思や言葉がどんどんストレートになっていっている。

自覚が、かなりある。

理由は自分でもよく分からない。

なんでだ。

ひー(本日2回目)。

相変わらず「ひきこもりたい」「ここから逃げ出したい」想念もふわっと立ち上るけれど、どうにかこうにか踏ん張っている。

「ここから逃げちゃいけないんだ」という強い予感も、しているから。

 

公私にわたって過渡期真っ只中の、41歳ラストスパート。

いつも以上にまとまりのない文章になってしまった。

この1か月間に心揺さぶられる出来事が他にも沢山あって、気持ちを整理するのに四苦八苦している。

いっぱいいっぱい、とはまさに今の自分。

胃が痛い(これも2回目)。