読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Letter ver.2

アラフィフ間近・しかし美魔女には程遠い発達障害者の日常と思う事など。

好きなら好きって言っちゃうよ

今週のお題「私がブログを書く理由」

 

開始当時の理由はただひとつ。

 

「ある特定の人に向けて、伝言板代わりに書き残したいから」

 

学生の頃、足繁く通っていたモスバーガーに自由に書けるノートが置かれていて、それこそ渡せなかったラブレター的な事を殴り書きした記憶がある。

私にとってブログとは、その延長線上に位置していた。

6年以上前(確か)に初めて持ったガラケーはてなダイアリーを始めた頃はかなりキャラを作っており、しかも最悪の精神状態で書いていた。

今はこちらでもTwitterでもある程度正体は明かしていて、もう包み隠さず感満載である。

実際ブログに書いた内容をそのまま面と向かって伝えてしまう事も最近、増えている。

だから開始当時と趣旨はかなり変わってきた。

高い更新頻度だったダイアリー時代より、ぶっちゃけアクセス数は激減しているが、今の方が書きたい事を書けている充実感があるかも。

こしらえたキャラを書き演じるのが、今は気持ち悪くて仕方ない。

好きなものは好き・嫌なものはイヤ!って言い切ってしまった方がいいな、って。

その気持ちよさも、細々とブログを続けてこられた理由なんだろう。

 

 

好きなら好きって言っちゃえよ。

と、ウジウジしながらノートに綴っていた当時の自分に言ってやりたい。

しかし当時はアイドルオタク女子(今のようにオープンな感じではない。BL的な内容の同人誌を仲間とひっそり作って売っていた)プラス相当残念な容貌であったため、告白してもあっさり断られていたと思うけど。

 

この開き直り具合たるや。

単に私がオバサンになった、のもあるのかどうなのか。

 

などと頭の片隅で考えながらも、この後もぶっちゃけお手紙を続けていきます。