Love Letter ver.2

神経発達症とHSPを併せ持ちながら今を生きる。その日常と思うこと。

キレイゴト

この冬は寒暖差が激しく、アレルギー持ちの身にはかなり堪えた。

精神的にもいちばん落ちる時季で、そちらのケアもしながら増える一方の仕事をこなす日々。

こちら鳥取では雨や雪も降るものの、徐々に春の匂いも感じられるようになってきた。

街やTwitterのタイムラインも紅白からピンクのものが増えて、「今年も何とか乗り切れそうだ」と思うと本当に嬉しい。

あとは花粉症だ(昨春遂に花粉症デビュー)。

 

障害者差別解消法、少しずつ勉強中。

知れば知るほど、実情とのギャップを感じてしまう。

受け入れる側の設備や予算・人員の不足。

あといちばん思うのは、社会に出ると隔離されがちで、対等にやり取りできる機会がまだまだ少ない事。

一人ひとりへの【合理的配慮】は難しくてもせめて、障害者をひと括りにして【枠】を作って押し込めないで欲しい。

「障害者も自立して、自分の力で生きていきなさい」

と言うのであれば、社会に出る際の障壁を取っ払うのが先だと思う。

他の社会的弱者とされる方々も然りだと思うけれど、そもそも自立して生きるための手段が少な過ぎる。

もちろん、自立が困難な状態の方たちへの支援だって必要。

「ほんっに(本当に)国は綺麗事しか言わん!実態をちゃんと見ないけんがな!」

と母が怒り嘆いていた。

 

目がショボついてきたので、今夜はこのあたりで。

 

 

広告を非表示にする