Love Letter ver.2

神経発達症とHSPを併せ持ちながら今を生きる。その日常と思うこと。

ニートの星になれたら


I wish I was a punk rocker - Sandi Thom

 

今日はGwen Stefaniとこの人の曲が頭を駆け巡っていたけど、静かな夜に聴くならこちらかな?ということで。

 

暴走上司の件の続き。

少しでも自分の思うようにならないとキレて、自分が納得するまでねちねちねちねち相手をいびり続ける。

曰く「自分がしている事はすべて正しい。何も間違っていない」。

自己否定の塊だった私には考えられないほど、この上司は大勘違い野郎なのだ。

弁の立つ割に実務能力がアレで社内外での評判が実はすこぶる悪い事に、本人だけが気付いていない。

御めでたいというか何と言うか。

私もベテラン従業員さんたちも、内心では「はいはいはい」と受け流している。

曲がった事が大嫌いで特に若い頃はカッカして口論になる事も度々あったけど、こんな私でもやっと受け流せるようになった。

鈍感力もまた、働く上で大事な能力なんだなあと。

で。

自分と逆の立場の人の事をもっと知って勉強しようと、経営側や管理職について書かれた本を読むようになった。

将来の参考にしようかと(意味深)。

 

今日はニートの日でもあるという。

ニート状態*1の人の中に「何らかの発達障害の可能性あり」な人もかなり存在している、と聞いた事がある。

私もその一人だったので、あながち的外れでもないと思う。

当時はもちろん暇を持て余していたから、色んな立場・状況の人のブログや書き込みを読ませてもらっていた。

このブログもそんなひとつになれたらいいな、と思いながら書いている。

ニートの星の中の、ごくちっちゃーいひとつを目指して☆

これからも、失敗談も織り交ぜつつ仕事や人間関係・特性への対処などなど書き綴っていこうと思っている。

 

 

*1:なりたくてなった訳じゃない人が殆どだと思うので、あえてこう記す