Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

春の歌


スピッツ / 春の歌

 

仕事からの帰り道、ふと『涙がキラリ☆』を口ずさんだのをきっかけに頭の中でスピッツナンバーが止まらなくなり、またまたYouTubeを漁ってきたところ(もちろんCDも持っているけれど)。

初めて行ったライヴがスピッツであり、以降ロックも少しずつ聴くようになった。

好きな曲が多すぎてどれを貼り付けるか散々悩んだ末、こちらを。

この曲が出た当時は診断を受ける前で、もちろん無職。

しかし「このままじゃいけない!」と思い、社会と少しずつ接点を持つようになった。

後に診断を受けるきっかけを与えてくれた人たちとの交流も始まり、ちょっと光が射してきたかな?という頃。

とは言え自宅警備員の身。

この年はCSの音楽専門チャンネルをよく見ていた。

最近、こちらもつべで当時の番組を見つけ、嬉々として視聴していた(←ほんとはダメなんだろうけど、個人で楽しむ目的だしな^^;)。

色々思い出深い一年でもある。

 

 

以前書いた、他の従業員さん共々、その扱いに困り果てていた神経質&完璧主義者で暴走する上司の件。

まだ詳細は書けないけれど、事態が好転し始めた。

内心ガッツポーズしつつ、静かに経過を見守っているところ。

これで少しは肩の荷が下りるかも、と思うと嬉しい。

症状安定のためにもやっぱり風通し良く、楽しく働きたい。

これで業績アップに微力でも貢献できれば、何も言う事はないのだ。

るんるん♪(←テンション高い)

胃の痛みも和らいだし、気持ちを新たにがんばろっと。

広告を非表示にする