Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

甘酸っぱいゆずの味

今週のお題「バレンタインデー」

 

元カレ(年下)のネタになりますが・・・。

 

互いに何となく相手を意識し合い始めた頃。

ちょうどバレンタインデー間近で、周囲でも「チョコどうする?誰かにあげる?」という話で持ちきり。

私はお菓子作りが趣味で、しばしばクッキーやケーキを焼いては差し入れに持っていっていた事もあり「じゃあその日はパウンドケーキ作ってくるね!」と宣言。

「フルーツか何か混ぜ込みたいんだけど・・・。あ!☆☆くん、何か分けてもらえたら」

ご家族が趣味で色んな野菜や果物を育てているというカレに振ってみたところ、ゆずをたくさんおすそ分けしてくれた。

まずはジャムにして、それを生地に練り込みパウンドケーキを量産。

そして当日。

朝一番に到着し、カレのロッカーにパウンドケーキの箱を忍ばせておいたのだった。

ドキドキしながら様子を窺っていると、「おはようございます・・・。あっ」の声。

真っ先に私に駆け寄り「あの、あの、これホントに俺がもらっていいんですか???」

とはにかみながら受け取ってくれた。

のが、始まりだった。

 

今思うと学生っぽい感じなのだが(両者すでにいい大人です)、良い思い出だなあと。

来年こそは、トリュフなど作りたい。

目下、お酒も甘いものもいける彼氏募集中!なので。

 

今年は自分へのご褒美に、ちょいとお高めのチョコを奮発しようかと。

いや、ワインかな。