Love Letter ver.2

神経発達症とHSPを併せ持ちながら今を生きる。その日常と思うこと。

「変わった人」と言われ続けて。

今週のお題「これって私だけ?」

 

お題の趣旨からかなり外れると思うが、日常生活が「これって私だけなのか・・・」となりがちだったASD(旧称・アスペルガー症候群)の筆者。

急な予定変更で気が動転したり、人の大声やドアがバタンと閉まる音にビクビクしたり、体を触られるのが(相手が子供や同性でも)極端に苦手だったり・・・。

何よりも、子供の頃から長きに渡り言われ続けた言葉が、「変わった人」「空気が読めないヤツ」。

酷いイジメにも遭った。

学校や職場でも孤立し、「どうして私だけが・・・」と悩み、二次症状のうつ病とも向き合いながらもがき続けた40年だった。

今は発達障がいの特性も知られ、子供向けの支援も行われている。

彼らが周囲の人の適切な理解と協力を得て、自分の「良いところ」を見つけて伸ばしていけるように願ってやまない。

障がいの有無に関係なく、誰でも「良いところ」はある。

 

あとは、成人当事者への理解と支援が全国的に進んでいければ。

私の住む県は・・・いつになるやら(涙)