Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

松江水燈路・2

f:id:nanairocolor:20131006180840j:plain

 

陽が暮れて、行灯に明かりが燈された。

夜の闇に包まれたら一層美しいんだろうな、と思いながらその場を後にし、帰路についた。

 

f:id:nanairocolor:20131006180242j:plain

 

毎度のことながら、この手の言葉が胸に刺さる。

キュッと締め付けられてしまうものが、今もある。

 

広告を非表示にする