読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

いろづき

f:id:nanairocolor:20170416110125j:plain

 

ブレブレになってしまった一枚。

でもこの後、桜の花びらを両の手で受け取れたので良しとしたい(良い事が起こる、と耳にしたので。真偽は不明)。

 

こうして写真を撮るのは大好きだけれど、撮られるのは昔から苦手。

記録された自分の姿を見るのがどうにも苦痛だった。

同じように、鏡で自分の顔を見るのも大嫌い。

例え仕上がり具合がちぐはぐになっても、メイクをする時はファンデーションの小さな鏡しか使わなかった。

自分の容貌を忌み嫌っていた、とずっと思い込んでいた。

 

それに気付いたのが、先々週の事。

熊本から博多に移動し、宿でチェックインを済ませて早速お風呂に入った(旅先での夜の外出の前、湯船に浸かるのが習慣となっている)。

その後身支度を済ませメイクをしようと椅子に座り、何気なく目の前のスタンドミラーを見た。

自分の顔をまじまじと見つめたのは、母親の口紅をこっそり塗ってみた幼少期以来だったと思う。

「あれ?私の顔、ちゃんと目鼻あってハッキリしてる・・・?」

愕然とした。

ずーっと自分はのっぺらぼうな容貌だと信じて疑わなかったのだ。

そのためベースメイクこそきちんとするものの、アイシャドウなどはごくごく薄く伸ばす程度。

「もっと濃くつけていいんだよ」

と言われても聴く耳持たずで、たまに美容部員さんにタッチアップされようものなら、映し出された自分の顔を見るのがおぞましくて早々に購入を決めていたものだった。

おそらく、ナチュラルメイクというよりはほぼすっぴんでいた20数年間。

「これ・・・もうちょっと濃いめに塗っても、だ、大丈夫だよな・・・」

と、恐る恐る塗り重ねていった。

いつの間にか、鏡の中の自分を見る事が平気になっていたのだった。

 

私の場合、身体醜形障害(醜形恐怖症)というよりうつ病も含めた内面のコンプレックスから自分は醜い、目も当てられない顔だと思い込むようになったのだと思う。

相変わらず他人と比較してしまう癖は抜けておらず、その度に

「私は人間的に濁ってる。歪んでる。ドロドロしてる・・・」

と心揺さぶられ落ち込んでしまう。

元々感受性が強過ぎるし、それ故にダメージも受けやすい。

ならば。

まずはその痛みを感じながら、心の揺れが静まるのを待つ。

今回も揺れと沈静を経て、この記事を書き始めた。

 

長らく縛り付けていた自己否定の鎖を解き始めると、次々と露になる自分の至らなさ。

日々思い知らされていて、もう本当に泣きたくなる(今も若干涙ぐみながら書いているけど)。

この痛みを、糧に変える。

 

少なくとも、そんなに残念な容貌ではない(平凡なレベル)と気付けただけでも心底ホッとした。

メイク「アップ」だもんな。

綺麗になろう。

成長しなきゃ。

伸び代は、まだまだたくさんある気がする。

 

 

 

広告を非表示にする

気分的には早くも夏

f:id:nanairocolor:20170416111756j:plain

 

f:id:nanairocolor:20170416105111j:plain

 

f:id:nanairocolor:20170416110051j:plain

 

f:id:nanairocolor:20170416110416j:plain

 

f:id:nanairocolor:20170416113517j:plain

 

f:id:nanairocolor:20170416121709j:plain

 

と、数日前にTwitterで呟いたばかり。

まさかこんなに気温が上がるとは。

初夏の(春だけど)風が心地好い。

しかし暑かった・・・。

半袖でも汗ばむほどだった。

広告を非表示にする

熊本の街を歩いてみた・その2

f:id:nanairocolor:20170402130029j:plain

 

豚骨スープの海に溺れる煮玉子@福岡ラーメンショー。

鶏とのWスープなんだそう(あとで調べた)。

福岡に移動してからもよく食べたなー、という思い出。

以下、気の向くままに。

 

f:id:nanairocolor:20170401114421j:plain

 

とにかく陽射しが強かった、という印象が強い。

この日は買ったばかりのスマホも初めて持ち歩いていた。

その操作に四苦八苦していたから、余計に冷や汗もの。

「ビール飲みたい~」

などと思いながら、ヘロヘロになって歩いていた覚えがある。

 

f:id:nanairocolor:20170401153615j:plain

 

空が綺麗だった。

最近の山陰は空が黄砂に霞んでしまう日もあって、青空いいな!と。

 

f:id:nanairocolor:20170401154105j:plain

 

空に向かって。

 

f:id:nanairocolor:20170401154122j:plain

 

陽も傾いてくる頃。

 

f:id:nanairocolor:20170401185829j:plain

 

(※写真upの許可、頂いています)

 

ついおかわりしてしまった、白ごまをこれでもかと掛けてくださった後の野蒜の和え物(お浸しかな?うろ覚えですみません・・・)。

レンコンのきんぴらや肉じゃがや手羽先、あと【座禅豆】なるものも頂きつつ、熊本と鳥取の事、そしてくまモンへの思いをお話ししていた。

くまモンラベルのお酒のボトルでしあわせ倍増な夜だった。

何の予備知識も無くふらりと入った『いなかごはん 西田』というお店。

だご汁を食べ損ねたのが、唯一の心残り。

 

f:id:nanairocolor:20170404065418j:plain

 

お土産の一部。

やはり食べ物が多い・・・。

これに加えて、買うのを断念したものを

「お取り寄せしてみんなで食べよう!」

という計画が持ち上がっている。

夏に向けてお酒も控えて痩せなきゃ、と決意しているはずなのだが。

どうなる、私の体重???

 

という、とほほなオチでシメであります。

熊本の街を歩いてみた・その1

f:id:nanairocolor:20170401132550j:plain

 

歩いてみた以上に食べまくった気がする、その象徴の一枚から。

自宅に戻ってからというもの、怖くて体重計に乗れていない。

明日こそは(気愛)。

 

 

f:id:nanairocolor:20170401071831j:plain

 

行きは、敢えて普通列車に乗ってみた。

初めて(あるいは数十年ぶりに。今回はこのパターン)訪れる街に向かう際、沿線の景色や其処で暮らす人々を眺めるのも楽しみなので。

帰りに新幹線を利用して、快適さと速さに感心したのだけど

「やっぱり鈍行いいなあ」

と思った次第。

 

f:id:nanairocolor:20170401110443j:plain

 

そしていちばんの目的であった熊本城へ。

僅かばかりの寄付をさせて頂いた事もあり、実際に行って見てみようと思い立ったのだ。

この日は桜もちらほらという感じだったけど、良い天気だった。

 

f:id:nanairocolor:20170401111249j:plain

 

工事に従事する人たちをそっと見やりながら

「応援してます、これからも!」

と、心の中でエールを。

 

f:id:nanairocolor:20170401115609j:plain

 

工事の様子と好天を見ていて

「殊更に【震災後】を強調せず、いつもの感じで撮ろう」

と決めた。

私はFacebookInstagram向きじゃないと思われるマニアックなものや、わざわざ撮るものじゃないと思われる風景を撮るのが大好きなのだ。

ということで、いつもの感じな一枚を今回のシメに。

 

f:id:nanairocolor:20170401105147j:plain

 

街のそこかしこにくまモンがいて、ファンである私はテンションが上がっていた。

意気揚々と通りを歩いていたら

「あっ、ここにもおった・・・。あーーー!(視線を更に斜め上へ)」

 

芸能人、特にジャニタレさんは写りこまないようにしないとね。

という理性は残しつつ。

 

(その2に続きます)

おひさま

冷えからきた足腰の痛みにウンウン唸りながら横になり、目覚めた途端謎の猛烈な頭痛で朝を迎えた。

冷たい雨から一転、太陽が顔を覗かせている。

「昨夜寒かったあ~。やっぱりおひさまっていいね!」

から会話が始まり、昨日の急激な気分の変化についても話してみた。

私の周りはうつ寄りの人が多いので、こんな時は分かち合いができて本当に助かる。

やはり、空模様と空気が変わってから気分的に落ちた人も多かったと知る。

寒さと曇天は大敵。

「寒いね~。こんな日は酒よりも人肌に縋るのがいちばんだね!あの温みが・・・」

などという冗談すら出てこないぐらい寒かった、あの場は(思い返しつつ)。

 

この分かち合いの時、ふと気付いた事がある。

数年前一般就労を始めるにあたり、先方から必要な支援を問われた。

当時は他の人たちと同様に、就労支援員さんやジョブコーチさんにも入ってもらっていたけれど、いちばん有り難かったのが、その先方の担当の方が障害特性を熟知した上で、私の意志を可能な限り尊重して下さった事だった。

「困った事があれば、その都度相談してアドバイスを受けながら自分で乗り越えていきたい」

「それでも環境の変化や音の事(聴覚過敏)でどうしてもストレスが溜まりやすいので、何か書くものを用意して頂けたら。それを読んでもらえたら嬉しいです」

と、たどたどしくお話しした。

元々喋る事が極端に苦手で、思う事を書き散らすばかりだったのが徐々に減り、辞める前には口頭でのやり取りが当たり前になっていた。

障害者への支援のあり方は人それぞれだと思うけど、私の場合は一方的に

「仕事をする上で何か困った事は?」

と根掘り葉掘り聞かれて手や口を出されるより、たどたどしい話を静かに聞いてくれて時折言葉に詰まったら助け舟を出してくれるだけで十分だった。

発達障害や感覚過敏が理解できなくても、冒頭に記したおひさまの話や例えば

「(仕事で)ちょっとしたミスなら誰にでもあるけん、次挽回すればいいがん!」

と、私の言わんとする事のほんの端っこだけでも分かち合いができたら、心も症状もすとんと落ち着く。

これは仕事に限らず、生活全般において。

今思えば当時私に関わってくれた人たちや、元カレにもこの点をちゃんと伝えておけば良かったのだろうけど、何しろ喋りは今に至るまでまだまだ発展途上。

なのだけど。

いや、だからこそ。

もし今どのような理解と支援が必要かを問われたら、電話でもメールでもLINEでも、もちろん対面でも。

「ではまず、ゆっくりお話ししませんか?」

と答えるだろう。

【障害者への理解と支援】と書くとすごく大仰になってしまうし、実際当初は私も専門書や当事者本、ネットの情報を掲示しながら必死こいて説明していたものだけど。

重度の方や日常生活をおくる事が難しい方へのそれは別として、ある程度自分で対処しながら生きている人への支援は、【その人に向き合って、お話しする事】が大切だと思う。

私を目の前にして、障害者だからと肩肘張って接してこられると悲しいし寂しい。

「変に構えないで!」

と心の底の底から土下座レベルでお願いしたい、本当に。

 

でも。

現在までの日本では、障害者とまともに接した人はまだまだ少ないと思う。

私も今までに何度か関わるのは初めてだという方にお目にかかってきたし・・・。

今や障害者と健常者が同じ職場で働く時代。

「『いろんな人がいる』事を知る」

ためにも、まず学校教育の現場から変わっていって欲しいと願う。

相互理解・相互支援の世の中を。

「告知する・しない」

「どこまで理解と支援を求めるか」

とその都度ぐじぐじ悩むの、私もほとほと疲れ切っているので(涙)

広告を非表示にする

ふと

訳も無く切なさを感じてしまうのはどういう事なんだろう。

否。

訳には、薄々気付いている。

ただ認めてしまうのが怖いだけなのだ。

何事も無かったかのように、いつもの自分のままでいられたらいいんだ。

いつかはこの感情も鎮まるはず。

それなのに、鎮まるどころかどんどん膨れ上がっている。

どうしたらいいんだろう。

 

と。

心のみならず呼吸までも詰まりそうだったので、禁酒を破り、少しだけ嗜んだのだった。

美味しかった。

明日から願掛け禁酒再開、がんばろ。

 

 

 

 

広告を非表示にする

心の休息と整理整頓

このブログを書く時、いつも鬼のように推敲を重ねてのちに公開している。

なのだけど。

前回のズタボロ感ときたら・・・orz

心身共々、限界を超えた状態だった事に気づかぬまま無理していたと思う。

そんなこんなで最近は身内の付き添いやそれに伴う買い出しもお休みさせてもらい、仕事以外はあまり出歩かずのんびりと過ごすようにしている。

胃の痛みがやっと治まってきた。

今月末までに意地でも体を立て直さねば。ねばねば。

 

前回書いた、診断名を公表するか・特性や症状の理解と支援をどこまで告知するかで散々悩んだ件について。

今でこそかなり認知されて子ども向けの支援も始まっているけれど、当時は犯罪者のイメージや各々の二次症状が取り上げられる状況だった。

就活でも発達障害で精神手帳持ちと告げると

うつ病でしょ?精神の人は続かないからダメ」

と面と向かってバッサリ切られ続けた(これ、差別だと思うのだがどうなんだろう?)。

いざ決まったら決まったで、それなりの配慮がなされた他の障害の人と違っていきなり

「(特性に対する)配慮はしません。ウチのやり方に合わせてもらいます」

の一言。

ということで、基本的にスルーされながら今に至っている。

私は元々同じ立場・同じ待遇で働くのが最大の目標だったし、体調管理も自分で出来るから構わないけど、本来はあってはならない事なのだ。

配慮無し・仕事内容は健常者・待遇だけが障害者(=短時間労働で時給は最低賃金)なのは、たまったものじゃない。

 

「障害をオープンにするか、クローズにするか」

こちらも悩み、試行錯誤を重ねて今に至っている。

伏せたところで長らくうつ病に悩まされた過去は消せないし、ならばとオープンにしてもまともな配慮は望めない。

人手不足やコスト削減が言われるようになった、労働環境。

さらに言えば、(障害者の事に限らず)物事に無関心で不寛容な世の中の空気もひしひしと感じる。

「もっと私のような者に関心を持ってもらえたら。そのためにも一方的に配慮を求めるだけじゃなく、『出来る事』を見つけて伸ばしていかなきゃ」

そして、公表すれども一切の配慮は求めないと決めたのだった。

 

こうして書いていて、自分にとって改めて、公表する事の意味の大きさを実感する。

他人から肯定されようが否定されようが、これは持って生まれたもので、一生抱えていくものだから。

これまで人付き合いは極力避けていたから、初めて深く関わり合った彼との付き合いはいとおしさと苦しさが常に綯い交ぜになっていた記憶がある。

こんな私を懸命に理解しようとしてくれただけでも嬉しくて、つい自分の身体に無理を重ねてしまった。

あまり配慮を求め過ぎると嫌われてしまうのでは、という恐れもあった。

この恐れは今でも、人間関係全般において持ち続けている。

 

どこまで委ねたらいいのか。

そもそも委ねて良かったのか否か。

その都度公表の是非から悩み続ける事に嫌気が差す。

いつまでこんな思いをしなきゃいけないんだ。

受け容れてもらえない、否定される事への恐怖と苦しさがある。

でも、特性ごと自分を押し殺して振る舞い続けるのはもっともっと辛い。

いずれにせよ悩み苦しむのは、本当に嫌だ。

 

再び健常者に囲まれて生きるようになって数年。

極力人付き合いを避けてきた上にうつ病+引きこもり時代を過ごしたツケが今になって廻ってきているな、とひしひしと感じる今日この頃。

この1年、殊に今年に入ってからの身辺の騒がしさとその密度が凄まじい。

慌しい日々に追われながら、自分を取り巻く状況や気持ちの整理も同時進行。

どうもその無理が祟ったらしい(←今ここ)という現況。

とりあえず、身体を治さない事には始まらない。

明日へ立ち向かっていく。

めっちゃ丸腰で。

 

そして今回もほぼ完徹で朝を迎え、身支度を始める事が確定したのだった。まる。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする