君が笑えば

いのちに【その他大勢】なんて、無い。

誕生日前夜に

身内の殆どが県外在住のため、普段は母親を通じて彼らの近況を知る。
そして今日、初めて知らされた現況に衝撃を受けた。
私は明日で44歳を迎える。
たまに読む新聞のお悔やみ欄に同年代の方の名前を見かける度
「最早いつ何時何があってもおかしくない年齢に差し掛かったんだな」
と痛感していたのだけれど、身内のそういった話を聞いて、心に重石を乗せられた気分になった。
それまで順風満帆だった家庭でも、誰かが例えば大病を患ったり、不慮の事故に遭ったりした事がきっかけで状況が一変してしまう。
【人間はいずれひとりになり、ひとりで天に還ってゆく】
と頭では分かっていても、これまで当たり前のように傍に居てくれた人を突然喪う・喪う恐れがある事実を前に立ち竦み落胆する。
元々繋がりが希薄だった家庭に育った私でも、ほんの少し、理解できるようになった。

喪う痛み。
喪った事に気付いた瞬間に襲われる孤独感。

ひとりで生きていくのは自由度が高いしラクではあるけれど、この孤独感とも向き合う事になる。
誰かと連れ添って生きていくのは不自由な面も出てくるけれど、【分かち合い】が出来るし、互いの心のよりどころになれる。

母親の話を聞いて
「人生って、選択の連続だよね。しかもどの選択肢も、正解にも不正解にもなり得る」
などと話しながら、大リスペクトする美輪明宏さんが仰る【正負の法則】を思い出した。
しかし、死は平等に訪れる。

死と向き合う。
いのちと向き合う。
どんな気構えでいたらいいんだろうか。

こんな時は読書に限る。
いつものようにぴん!と閃いて、日野原重明さんの本を求めたのだった。
感想は、また追々。



そして。
母と散々話し合った結果
「人生のパートナーはいる方が良い!」
という結論に達した。
お金よりは、心のよりどころ。
特に働く障害者のひとりとしては、特性自体は理解されなくても
「しんどかった~!」
とか
「きちんと評価してもらえた!」
といった事を打ち明けられる人が身近に居るに越した事は無い。
と、転職したばかりゆえにひしひしと実感している(環境の変化に対応するのが大変な発達障害者です)。

あとは前回記したとおり、実はかなりの寂しがりやでもあり。
無償の愛に憧れるし、それがすんなり出来る人になりたい思いはありつつも
「やっぱり煩悩は捨て切れないな」
という事で、一応の決着をみた(んだろうか)。

あ、日付変わった。
アラフォーのラストイヤーのはじまり。
ひとつ歳を取る毎に
「よもやこの年齢まで生きているとは」
という戸惑いと
「って事は、私が出会うべき人・学ぶべきものがまだまだあるんだな」
という妙な確信を覚える(しかもこの確信は年々強まっている。何故だ)。

まあまずは、健康第一。
健康な体であれば、恋も仕事も出来る。
ある日、プロテインのドリンクを頂いたけれど
「・・・いやうちら、プロテインよりはグルコサミン・コンドロイチンがしっくりくるがんな?」
とそちら方面のトークに花を咲かせたのだった。
サプリ苦手だから摂る気は全く無いが。
リアルに沁みる歳になったんだな、としみじみしている。

無性に愛

時々、理由も無く気分がガクッと落ちる事がある。
病を患っていた頃より、頻度もその時間も大幅に減ってはいるものの。
昨年行ったライヴの時以来、久々にそいつが訪れた(ちなみに今回もライヴ前だった)。
就活や家庭環境・人間関係の変化で気を張った日々が終わったのもあるのだろう。
油断していた。

突如落ちていくあれは何なんだろう。
自分でもよく分からないままだったけれど、今こうして書いていてふと【寂しい】【孤独感】のふたつの言葉が浮かんできた。
普段はひとりで過ごす事に特に寂しさや苦痛は感じない(だからおひとりさまなんだろうな・・・)。
けれど、日常の隙間に孤独感が佇む事に気付いてもいる。
落ちそうになるところにスケジュールを埋め込んでやり過ごし、無かった事にしてきたような気がする。

ひとりで居るのが好きな、でもかなりの寂しがりや。
つくづく面倒臭い人だなあと思う。
我ながら。

【寂しいから恋をする】という感覚も、何となく解るようになってきた。
それまで
「身勝手な理由だな」
「相手の事より自分の欲求満たす方が大事なの?」
と否定的だったし、今でもその理由だけで恋に踏み込んでいこうとは全く思わない。
とは言え、時折
「誰かに傍に居て欲しいな」
という思いがふわりと生まれてくる事がある。
しかもその度合いが年々増えてきている。
年齢的なものもあるんだろうか。
自分ではよく分からない。

これで恋愛経験値が高くて、割り切った付き合い方が出来れば良いのだろうけど。
私はとてもそんな芸当は出来ない。
寂しさを埋めてくれる人なら誰でも良い、とはいかないのは確信レベルで解っている。
「この人だ!」とピンとくる感覚と、自分の気持ち=恋心を最優先にしたい。
そうすると今度は、べらぼうな低さを誇る恋愛経験値の問題が浮上してくるのだが(涙)。


そこで昔のようにアイドルやフィクションの世界の男の子に走る手もあるんだろうけど。
「○○くんに抱かれてみた~い」
とか
「(ライヴで)○○くんと目が合っちゃったあああ」
的なコメントを見かける度
「・・・妄想で抱かれるより実際の方が良くない?」
と、実に生々しく、身も蓋も無い感想を持ってしまうのだった(ドン引きされそうなので絶対口外しないけど)。

ひとりで居るのが好きな、でもかなりの寂しがりや。
だからと言って、傍に居てくれるなら誰でも良い訳じゃない。

つくづく面倒臭い人だなあ、と。
重ね重ね。

無償の愛が出来る人になりたい。
天使のような心持ちでありたいな、と傍らの天使を見詰めながら考えている。

美文字ダイアリー

今週のお題「わたしの手帳術」

ところが。
アドレス帳が埋まるほど友人知人がおらず、スケジュール欄が埋まるほど仕事もプライベートも立て込んでおらず、要は書く事が特に無い。
それ以外の雑記はそれこそこちらやTwitterで書いてしまう。
おまけに字も汚いため、いよいよ億劫になりほぼ真っ白なまま放置してしまっていた。
そこでここ何年かはダイアリーに切り替えて予定も含めちょこちょこ書いてみてはいるものの、それでも空白が多い。
絵を描いたりマステやシールを貼ったり、あれやこれやと試すも続かず。

ちょこっとだけ書くスペースのある手帳やダイアリーは無いものか。
絵やちょっとしたコラムである程度埋められているようなやつ。

いささか本末転倒な悩みを持ちながら、ある時たまたま読んでいたブログで紹介されていた『エンジェルダイアリー』にピン!ときて早速予約注文。
一昨日届いたばかりで、10月はじまりのため未だ何も記していない。


f:id:nanairocolor:20180922223927j:plain


私は元々天使の絵やグッズが大好きで、オラクルカードもほぼ毎日無料サイトで引いている。
閃いた事や願い事の他に、引いたカードの内容を書き込む使い方も良しとの事。
なるほど、これは美文字の練習になるな・・・。
そこで再びピン!ときて、筆記用具も変えようと決め、万年筆デビューとなった。
これなら必然的に筆の運びも慎重になるから、少しは見られるダイアリーになる(と思う)。

毎年『星ダイアリー』との2冊使い(使えてないけど)で、+1は後で選んで買う事が多いのだが今年は逆転。
こちらはどういう使い方をしようか、入手してから考えてみようと思う。
石井ゆかりさんの著作に関しては書店で直接見て買うのだけど、22日時点でまだ並んでいないので・・・。

ホーム

マメな更新を目指しているものの、人生始まって以来の多忙な日々が続いている。
こりゃ更に忙しくなるな。
採用決定の報せが届いた時に予感した。
44歳目前にして、人生初の正規雇用である。
履歴書を書きながら、そして書き上がったものを見ながら
「何か私、今まで頑張ってきてたんだな」
と、思えた。
この歳にしてようやく、自分を肯定出来るようになっていた。
アスペルガー者の特徴として言われがちな特異な才能も何も無い事がコンプレックスだったけれど、一度覚えたら対応出来る事が比較的多いと気付き
「これはむしろ、強みと言ってもいいのかな」
とも思えるように。
とにかくこの数週間で、一気に物事が動き出す事となった。

診断を受けた当初から、フルタイムの正規雇用を目指して就職活動は続けていた。んだけど。
どういうきっかけでこんな展開になったんだっけ・・・。
と、数日前から頭を捻り思い出そうとしていた。
「あ!おうちだ」

元々結婚願望が強い事もこのブログで書いてきた。
とはいえ永年、年金と合わせても余裕のワーキングプアな状態。
しかもある時
【歳取った精神障害の女が結婚したい理由はカネだ】
などと書き込みされているのを見かけた。
ただでさえ偏見と向き合わざるを得ない上に、更なる偏見。
それまで診断名を公表し、一定の配慮を求める事もあったけれど、ワープア脱出のためにも改めて正規雇用を目指して就活を再開した今年。
ところが、ハローワークで相談するとオープンかクローズか以前にまず
「難しいと思います」
「今の所が合ってるんなら無理して辞めなくてもいいんじゃないですか?」
は?
けんもほろろ、である。
勧めてくるのはこれまで通り非正規かつ最低賃金レベルの企業ばかり(それか継続支援A型しかない、のもあるが)。
障害者がより良い生活や労働条件を目指して何が悪いの?
そもそも何で、オープンかクローズか?で悩まなきゃいけないんだろう。
実は今回もぶち当たったのだが、求人票に明記されていない補足事項なるものがいくつか見られた。
例えば【休まず出てこられる方(=体調に波のある人はアウト?)】【注意してすぐ落ち込むような人はお断り】や、中には具体的な診断名・障害の箇所を挙げて断っていたり。
過去受けた面接でも、うつ病に関する経歴と現在をしつこく突っ込まれた(発達障害の二次症状なのに)。
これまで20年以上、疾患や特性に関する偏見の目に晒されてきた。
大体法定雇用率アップを連呼する側からこの対応と無理解さは何なんだ。

中央省庁による法定雇用率の水増しが発覚する直前の話である。
発覚後に、私と同じような思いをした事をきっかけに敢えて手帳を取得していないという精神障害のある方のコメントを見かけた。
発達障害も含め、偏見や差別は法律が出来ても全く消えていない。
表に出なくなった分酷くなったと感じている。
ふと、日めくりカレンダーでお馴染みのフレーズが浮かんだ。

「『まいにちアウェイ!』だよな・・・。私の住む世界にはホームが無い」

このブログでも
【叩かれこそすれ、褒められた事は無い】
と度々書いたけれど、それ以前の世間の(日本の、かな?)この様である。
何度か障害を公表せず会社説明会に赴いた際、それはそれは大歓迎を受けた。
嬉しかった反面、酷く落ち込んでしまった。
「障害を持って生きていくのは、そんなに許されない事なのかな」

おうち、欲しいな。
気張らず肩肘張らず、このままの自分を送り出して、また迎え入れてくれる場所と人が欲しい。
今度の職場も障害への理解が未知数ゆえ、アウェイの状況は何ら変わらない。
でも、働く事も私の生きがい。
相手に養ってもらおうなんて、これっぽっちも望んでいない。
幸せになりたいし、幸せにしたい!って考えて努力して当然じゃないの?
障害者である前に人間だし、生活者でもあるのだから。

今の職場ではより良い待遇は望めないと痛感させられた出来事もきっかけに、突っ走った数週間の就活。
結局のところ私の場合は、興味がある業種で尚且つピン!ときた企業がいちばんだなと(今の職場も直感で応募した。無論未経験)。
ピン!とくる出会いを期待しつつ、まずは生活の基盤をしっかりしたものにしていこうとあれこれ思い巡らせている。

きみと一緒に

目玉焼きは半熟派。
バケットに、崩してとろんとなった黄身をつけて頂くのが好きだ。
ブログを更新できない間も日々Twitterは眺めており、最近は月見バーガー祭り。
今年ほど玉子やチーズといった胃に優しげなものを欲した事は無かったように思う。
年齢もあるけれど、夏といえば!の辛いものがこの獄暑(地獄の暑さ、の意)でいよいよ受け付けなくなった。
それでも精神科系も含め、この夏も体調を崩す事無く乗り切れた。
強くなってきたな、と自分でも思える。

マメ更新から一転、3週間ぶりの記事。
仕事以外で主に何をしていたかというと、転職活動である。
そして現在、面接の結果待ち。
今までは即採用や2日~3日で決まるパターンが殆どだったから
「結果の通知までこんなに時間がかかるもんなの???」
と、気になって転職サイトを見てきたところ。
待つのって、こんなに辛いものなんだな。
胃がキリキリ痛んで仕方ない(今は神経性胃炎という病名は使わないんだろうか)。

BUMPの『メーデー』が頭の中を駆け巡る。
解釈としては救難信号の方だよな、確か。
先ほど、歌詞の引用に関してのはてな公式さんブログを読み、この記事タイトルとした。

ダブル・ミーニングははてなダイアリー時代からこっそり(でも無いが)用いている。
超個人的な設定と内容ゆえ、複数の解釈が出来るように。
ここでは『君』と『黄身』と、もうひとつの『君』と。

はてなダイアリー、遂に無くなってしまうのだな。
Twitterでも書いたけれど、自分の意志や意見を表に出すのが大の苦手だった私を大きく変えてくれたのがはてなダイアリーだったと言っても過言じゃない。
まず文章としてまとめて、話す。
話した事や伝わらなかった思いを改めて、文章にまとめる。
この習慣が付いた事で、人前で話すのが苦にならなくなったし、今の仕事も何とか板に付いてきた。
当時あのメチャクチャな内容の文章に☆を付けてくださったユーザのみなさま、ありがとうございました。
そしてはてなさん、今現在この文を読んでくださっているみなさま、ありがとう。
これからもよろしくお願いします。

胃の痛みを散らしたいのもあって、いつも以上に取り留めの無い文になってしまった。

そんなやや不安定な気持ちで、転職サイトに続いて、とあるセラピストさんのブログを読んでいた。
ら。


エンジェルダイアリー2019(ミカエルネイビー)


紹介されていたこのダイアリー。
ピーンと閃き、速攻で予約注文をしてしまった。
ここ数年、石井ゆかりさんの『星ダイアリー』との複数使いをしているけれど、2019年は早くもこれで決まり。

閃いたら、ときめいたら、即行動。

音日記

f:id:nanairocolor:20180808235803j:plain


前回の記事を書いた後。
「『音楽を学ぶ最中にメロディが~』のくだり、これ気味悪い人って思われるよなきっと」
などと考えながら読み返していて、ふと気付いた。

「この現象(?)、日常生活全般で起こってるわ」

仕事中こそ無いものの、普段の生活の中でふわ~んとメロディが浮かんでくるのが私の日常のひとつ。
メロディとリズム、時にはスコアを書けるぐらいの内容も鳴っていたりする。
「これはメモに取っておいた方がいいな」
と、今さらながら気付いた。
ガチでヴォーカルなどなど習っていた頃も含め、今まで何やってたんだよ!って話なのだが・・・。
善は急げ、だ(前向き)。

という事で、夢日記ならぬ音日記を始めた。
早速断片が浮かんだので、とりあえずおたまじゃくしとコードと楽器名を書き書き。
もう何十年も譜面と向き合っていないため、読み方も書き方もすっかり忘れてしまっていたので出鱈目に(なのでupはしない)。
この辺の学び直しと、あと何かしらの楽器の用意をするところまで決まった。
先日あるセラピストさんから
「何か楽器を弾くのも良いですよ~。気分転換にもなりますし」
といったアドバイスも頂いた事もあり。

聴くより弾く頻度がぐーんと増える気配濃厚なこの秋。
とりあえず、出来そうなところからやってみようという。

習い事

とある習い事を開始した。
ただし全くの初心者ではなく、20数年前に少々齧っていたものだ。
終了後、コーヒーをがぶ飲みしながら過ぎ去った歳月を思った。
まず何といっても

「覚えるの、遅っ!」

当時習った事もやりながら徐々に思い出したものの、思うように身体が対応してくれない。
ただでさえ緊張せざるを得ない状況の中*1、冷や汗かきかき励んだ。
「習い事はいつから始めても、遅いという事は無い」
とは言うものの、やはり若いうちから手をつけた方がより吸収し易いんじゃないかしら?と。
肉体の衰えをひしひしと痛感したひと時。
とはいえ喜美おばあちゃんのように、愉しく取り組んでいけたらなと思う。
長~いお付き合いになる気配むんむんだし。

そもそも、子どもの頃から人に物を教わる事が大の苦手だった。
否。
習う事や倣う事が、と言うべきか。
教科書通りに先生や皆と同じ事を強いられるのが苦痛だった。
例えば音楽なら、理論を学んでいる途中に突如メロディが浮かんできて、それを再現してみたいという欲求で頭がいっぱいになってしまっていた。
初めての合唱曲の練習でも、先生が弾くまでも無く譜面を見た段階でメロディを覚えてしまい、唄いたくなったり。
やりたい事と儘ならない現実に悩み続け、今まで習い事が長続きした記憶が無い。
結局のところ、趣味も仕事も独学が向いているらしい。
興味を持った事で自由に取り組める環境があれば、すんなり覚えられる自信がある。
【好きこそ物の上手なれ】というやつ、なんだろう。
今回もある程度まで覚えたら、自宅でせこせこ続けるつもりだ。

現実、今の仕事や人間関係においても自分を抑えている部分がある。
だからこそ、自分の心の支えはたくさん作っておきたい。
私が私のままで居られる時間や空間や人たち。
そのひとつがまた増えた一日となった。

*1:特性上初対面の人も含め、環境の変化に弱い。