Love Letter ver.2

アラフィフ間近の発達障害者が綴る、見たまま・感じたままの記録

手の鳴るほうへ

f:id:nanairocolor:20171001112030j:plain

 

久しぶりの、【なんでこれ撮ってupしたの?シリーズ】。

なんか撮りたくなった、というだけ(もしくはこの日汗ばむ陽気で意識がほわほわしたままカメラを向けた結果、という説)。

 

本題に入る前に。

syndication.twitter.comなるものが

「まーだだよー」

と、キーを叩こうとする手を止めにかかってきた。

これ、何なんだろう。

 

さて。

するんと43歳となり、早くも一週間が過ぎていた。

今回書くにあたり

「う~、何しとったかいな私」

と湯船に浸かりながら思い返してみた(お風呂や散歩中にブログの内容を考える事が多い)。

そうだ、誕生日当日八重垣神社に参拝したのだった。

この日は精神的に弱っていて、鏡の池に浮かべた占い用紙の言葉に涙ぐみながら、割合素早く沈んでいくのを見届けたり。

その後晴れ晴れとした気分で神社を後にしたら、衝突事故の現場を目の当たりにしたり。

報道は一切されなかったけど、運転していた人は大丈夫だったんだろうか。

 

以前にも書いたと思うけど、手を合わせる時は無心だ。

ただ今回、当初は誓いの意味合いもあった。

ところがこの前日に母親とちょっとした諍いになってしまった。

元々父親やその一族との考え方(極端な男尊女卑である所とか)が合わず、中学生の頃から

「姓を変えたい。父親の姓を名乗りたくない」

と言い続けていた。

そして父親が亡くなって以降、母親と話し合う機会が増えたけれど、嫁いだ家に従う母親の考え方に付いていく事に苦痛を覚える度合いも増えた。

この日も口喧嘩になり、酷く落ち込んだまま松江に向かった。

「年老いていく母親を一人にしておく訳にはいかない」

「でも、自分の生き方や考え方を大事にしてもいいじゃないか」

このふたつの思いがぐるぐると頭の中で廻り続けていた。

私にとっても私に関わる人たち皆にとっても、これだ!という答えはどこにあるんだろう。

 

「私は、幸せになっていいのかな」

 

参拝に向かう道すがら、ふと出た言葉。

日頃Twitterなどでもネタとして

「しあわせになりた~い!」

と公言しているのに、実態はこれである。

理由ははっきりと分からないが、どこかで自分に蓋をしてしまっていたのだと思う。

「幸せになんかなれない。なっちゃいけない」

と。

 

一般的な家庭とは違い、永い間まともなコミュニケーションが無くここ数年でようやく母娘らしい関係を築いてこられたけれど。

おっそろしく遅まきな親離れ・子離れの時期がやって来たように思う。

これを踏まえて、の秋以降である。

何かもうやる事考える事が多過ぎて、始終頭を遣いっ放しな感じ。

日々の慌しさも重なり、地味に体調を崩してしまう始末。

久々にオラクルカードを引いたら

「今のあなたには休息が必要です」

というメッセージが出てきた・・・。

 

まとまらない内容になってしまったが、如何せんこの体調ゆえ、続きは完全に快復してからにしようと思う。

 

手の鳴る方へ。

 

何故か最近、この言葉が繰り返し繰り返し頭の中に浮かんでくる。

これまた久々にタイトルから広げて書いてみたのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

まめ活

f:id:nanairocolor:20171015203253j:plain

 

先ほど、葛根湯ついでに買ってきたものたち。

おまめさんだらけ。

他にも大豆や高野豆腐、麦味噌もストックしてあったりする。

今はお魚やお肉、ジャンクなものなども頂くのだけど、体調不良の時や何となく

「ん?体が陽性(陰性)に傾いてる?」

と感じた時は【ゆるマクロビ】の食生活に切り替える。

特に、その時々で豆味噌(陽性)と麦味噌(陰性)の割合を変えながら作る味噌汁が大好き。

最近少し時間に余裕が出てきたので、玄米と味噌汁だけでも【ちゃんとマクロビ】にする事にした。

お出汁も取って。

 

その前に風邪を治さなければ、なのだけど・・・。

広告を非表示にする

撮って出し。

今週のお題「お弁当」

 

f:id:nanairocolor:20171011064436j:plain

 

おはようございます。

本当に今出来たてのお弁当である。

地味だ・・・。

普段からこんな感じ。

地味だけど、体に良さそうな(多分)。

昔実践していたマクロビオティックの食事法の名残りもある。

 

さてさて、身支度。

広告を非表示にする

ひとりとひとりで、またひとつ。

 

f:id:nanairocolor:20170924112028j:plain

 

本題に入る前に。

今週のお題】、お弁当なのか。

これは最近ほぼ毎日作るようになったお弁当を陰スタしろという事なのか・・・。

私が作る弁当は、本当に地味です(キリッ)。

気が向けば、そして朝撮る時間が取れればやってみようと思う。

 

さて。

私の弁当の主食は腹持ちが良いという理由から圧倒的に玄米ご飯が多いのだが、これまではずっと、圧力鍋で炊いていた。

しかし最近の炊飯器は性能がぐーんとupして、私が好きなもっちもち食感の玄米も炊けるという話を小耳に挟んだ。

ということで、一人暮らし4年半目にして遂に炊飯器をお招きする事に。

とはいえ永く使う(使いたい)ものだし、ここは値段で妥協せず、欲しい機能が付いていて色やデザインも好みのものを選んでみた。

でもこれは意見が分かれるのだろうなと、ふと思った。

一緒に回った母親は最初

「ご飯はそれなりの機能が付いてて美味しく炊けたらいいんだから。わざわざ高いものにしなくても」

と言っていた。

そういや以前、元カレも全く同じ事を言っていたっけ。

昨日の【行列】を見ていても

「自分はこうしたいんだから、あなたも合わせてよ!」

的な押し付け(と既に受け取っている)されると、私だったらドン引きするだろう。

人の価値観や生活習慣と自分のそれを摺り合わせるのって、大変なんだな・・・。

と、身内に対してですら感じてしまったという事は。

「大丈夫なのか、これからの私(※相手いないけど)」

なんだか妙に心配になってきているが、それでもようやく自分の意思表示が出来るようになって、今度は人の意見や価値観とどう折り合いをつけていくか?という段階に入ったんだと捉えている。

妥協するというよりは、協調する。

 

協調性。

って。

これ、アスペルガーの人間が苦手とすることのひとつじゃないか・・・。

 

とは言っても私の場合、これは次の記事でも書くつもりだけど

「特性を理解してサポートをお願いします」

と訴える前に自分の頭で考えて対処して、乗り越えていくのが現時点での得策だと考えている。

相手に対する理解を少しでも増やそうと、猛然と努力を始めるのである。

そんな訳で、私に輪をかけて強烈なキャラだった父親と結婚するに至るまでの話を母親に聞くのだった。

 

白米も雑穀米も玄米も、お粥だって炊ける。

のみならず、最近の炊飯器は好みの硬さで炊き分けが出来るという。

素晴らしい。

「これだったら私が食べる玄米は多めに炊いて冷凍しておけば、ほかほかの白米を相手に出してあげられるよな」

などと寝ぼけた事を考えてしまい、我に返って

「相手おらんだろーーーーーー!」

と恒例の1人ツッコミに励むのであった。とほほ。

 

 

秋だなあ

f:id:nanairocolor:20171001101346j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001103230j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001102430j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001111358j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001110010j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001113754j:plain

 

f:id:nanairocolor:20171001112519j:plain

 

虫たちに遭遇する率の高かった一日。

ミツバチが写りこんできた時はスピッツの『ハチミツ』が脳内で流れていた。

とはいえそれでも、虫は苦手である。

 

意を決した時にひく紅のような燃える赤のサルビアに、ハッとした。

広告を非表示にする

アウトプット気分。

今週のお題「読書の秋」

 

自他共に認める本の虫(決して読書家ではない)であり、分厚いハードカバーの本でも瞬く間に読破して周囲をびびらせる程、読書好きの私。

この秋も初めの頃は

  • 新刊を買うか
  • 文庫化を待つか
  • 潔く諦めるか

でレビューとにらめっこしていた。

が。

いざ書店に赴いても、今ひとつピンと来るタイトルがない。

ときめかない。

どうも今の気分としては、【読みたい】より【描きたい】が勝っているらしく。

吐き出したい。

無心でおえかきしたい。

 

そんな訳で、予定に無かったけど急遽欲しいものリストに入ってきたのが

 

パステルアートBOOK 5色パステルセット +ぼかし網つきですぐに始められる! (TJMOOK)

 

これ。

パステルアートはずっと以前にやっていた事がある。

テクニックを習得して思いのままに描く事も出来るけれど、私は頭の中にふわっと浮かんだ映像やイメージをそのまま描くのが好きだった。

その後今やすっかり定着した『大人の塗り絵』も試したものの、こちらはピンと来ず。

かといって子ども向けのぬりえもちょっとなあ・・・。

と思っていたところだったので、自分への誕生日プレゼントにしようと画策中。

 

 

と。

お題から完全に逸れてしまったので、気分がのってきたら

読みたいと思っている本も挙げてみる。

 

縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)

 

地方住みの1人としては、やはり気になる事のひとつ。

先日の敬老の日

その前後あたりで

「長生きしたって、なーんも良い事は無い。貰いが減る一方なのに、払いだけが増えて困る」

といった嘆きの声をそこかしこから聞かされた。

少子高齢化はどんどん進んでいるのに、社会がまったく追いついていない。

 

といった事を考え出すだけでも気が重くなりそうなので、凹み気味の気分が上がり次第手に取ってみようかと思う。

 

広告を非表示にする

その奥を見てみたい

以前の記事で

「自分は隠し事が出来ない質」

と書いたように記憶している。

実は今の今まで人前では殆ど明かさなかった事がある。

幼少期に仲間外れにされがちだったり、独特な家庭環境で育った影響もあるのだろうけど。

私は【秘密】を持ったり持たれたりする事が嫌いだ。

もちろん公の場でもプライベートでもそういったやり取りはするし、巻き込まれる。

元カレとも、諸事情あって当初から

「付きあってる事を誰にも話さないようにしよう」

と約束し、SNSにすら一切書かなかった。

思えばTwitterでも彼氏欲しい!と嘘の連呼してたし(今は本当に彼氏募集中だけど)。

昨今トレンド(?)の浮気や不倫に象徴されるように、秘密の恋は燃えるとされる。

が。

感想としては燃えるどころか、ひどく疲れてしまった。

事情があったとはいえ互いに独身だし、悪びれる事も何の後ろめたさも感じなくて良い筈なのにこのストレスと疲労感は何なんだ。

これが別れた決定的な理由ではないんだけど

「やっぱり風通しの良い恋がしたいし、そういう人とお付き合い出来たら」。

頭の片隅ではいつも、そんな事を考えてきた。

お付き合いの事実やその思いを普通に、親しい知人などにもお話ししたい。

その気分を隠し果せないまま、するんとSNSにupしてしまうだろうし・・・。

 

こんな風に自分の事については明け透けに語るようになったものの、相手に根掘り葉掘り問う事はしないよう努めている。

相手が話してきたら耳を傾ける、という感じで。

【開かずの間】はきっと、誰にでもあると思うから。

他ならぬ私も沢山抱えてきて、今こうして初公開しているし(『ver.2』ではホント多いな、初めてネタ)。

 

それでも。

恋に限らず、人間関係や社会において【開かずの間】を垣間見てしまった時の蚊帳の外感は半端無い。

寂しい。

 

私は妙に勘が働くところがあって、例えば相手のしんどさと

「(しんどさについては)触れないで」

というベールみたいなものを同時に感じ取ってしまう時が多々ある。

逆に前回・今回と書いてきたドロドロしたネガティヴな感情を持つ事はもちろん、それを打ち明ける事もしない方がいいのかな?と思い悩む事もしばしば。

特性や体調のコントロールも普段から自分ひとりで行なうため、こういった気疲れは積もれば積もるほど宜しくない。

気を遣う気は無くても気を遣ってしまう性質なので(ややこしい)。

コミュニケーションに難のある障害を併せ持つ人間ならではの地味な悩みである。

 

年齢的にも体調キープはこれからますます優先していかなきゃならないので、日頃生活する上でのストレスや違和感の芽は極力摘み取っていこうと考えている。

自分をオープンにする事は非常に気を遣うし勇気の要る事だけれど、秘密やドロドロした感情を抱えてぐじゅぐじゅし続けた辛さを思えば何のその。

「何でもざっくばらんに話せてお付き合いできる人、真剣に探そうかな」

とちょっと考え始めている今日この頃。

 

電話やメールでちまちまとやり取りする時間が取れるのなら、会いにきてぎゅっと抱きしめてくれれば良いのに。

 

内心でそんな事を考えて悶々としとったなあ、そういえば(遠い目)。

それこそドン引きされたら・・・と思い、当時は一切口には出来なかったけど。

そんな事もあった、若気の至り(若くないけど)な恋のおもひで。

 

夜が明けてきた。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする